ドバトの生態・鳩の特徴 真正ジムにハトについて聞いてみました。

雑記・ボクシング

ふと僕は町を歩いている時に思いました。

Σ(゚Д゚)「ハトってメンタル強くね?」

ハトはいつも堂々として人が近づいてもビビりません、逃げません。むしろご飯を食べるチャンスを常に待っています。

(`・ω・´)僕にはかっこよく映りました。

なので今日はハトに関する記事です。

ハトの種類 ドバトとキジバトの違い

日本には亜種を含め13種類ぐらいのハトが住んでいるようです。キンバトなどの一部の鳩には天然記念物になっているものもいます。今日はドバトについて詳しく書きます。

灰色と緑、紫の色のハトはドバトです。

日本ではキジバトもしくはドバトが主なハトとして見られます。

ドバト

ドバトはこんなやつです(`・ω・´)
灰色、紫、緑のハトです。あまり警戒心がなく、公園などでよく群れています。鼻の上に白いこぶあります。

ハトメンタル!

鳴き声は低いボイスの「クルッ」「クルックー」みたいな鳴き声です。

キジバト

キジバトは茶色いやつで警戒心が強く群れないです。キジバトは食べれるそうです。

鳴き声「ほーほーほほー」よく聞きます。今まで僕はこの声はフクロウだ!と勘違いしていました。

キジバトでした(゚Д゚;)

ドバト

ドバトのは高いところに巣を作って住処にすることが多いそうです。

ドバトの起源

もともとユーラシア大陸で生きていたカワラバトが飼育されたものみたいです。日本では奈良時代に伝書鳩として持ち込まれたのですが、野生化したみたいです。

野生化!( ゚д゚ )クワッ!!

ドバトの性格・特徴

優しそうな平和の象徴の鳥…はと。

街中でも優しそうな鳥なので、公園で眺めているだけで癒されますね(●´ω`●)
でも実はドバトって、闘争本能が高くバチバチの闘志を心に秘めた鳥なんです。

特に自分の巣を守るときなどはオラオラに変わります。
オラァ(p゚ロ゚)==p)`д)

まさに「普段優しい人ほど怒ると怖い」とはこのことです。

ドバトは家族と仲間以外の物には同種のハトであろうと容赦しません。
普段飛ぶために鍛え上げた羽で全力で相手を叩きます。かなりの力です。

もしドバトがボクシング始めたら…

僕は気になりましたもしドバトが擬人化してボクシングを始めたら…Σ(゚Д゚)

真正ジムの方々に擬人化したら強そうな生き物聞いてみました

マシュまろん
マシュまろん

お疲れ様です。世の中で擬人化したら最強のボクサーになりそうな生き物って何だと思います?

大谷新星選手
大谷新星選手

僕は~カマキリだと思います(。-`ω-)

大峯優真選手
大峯優真選手

ゴキ〇リとか?スズメバチ?(ー_ー)!!

なるほど、素敵なアンサーありがとうございます。確かに強そうですですが僕の想像ではやはりハトです(-_-;)
恐いハトを想像しち〇りそうになりました。

鳩を擬人化!ボクサーにしてみました。

想像したのはこれです。

Σ(゚Д゚)ぐわぁぁぁ!
パンチ力   究極
脚力     強
メンタル   無敵
バランス   弱

特殊能力
※鳩メンタル=このキャラクターの試合時、敵からの圧を無効化する。
※不気味なステップ=何がしたいのかわからないステップ
※体毛=体毛で敵からのパンチ力を少し軽減する

真正ジムの選手・トレーナーさんにインタビュー

(`・ω・´)「この擬人化したハトのボクサーが真正ジムに入会したらどんな教え方しますか?
あと、もし相手が鳩だとどんな戦い方しますか?」

穴口一輝選手
穴口一輝選手

とにかく打ちまくれ! 鳩とたたかうとしたらアウトボクシングで俺やったら戦うな

なるほど…

どんどん前に行け こいつが相手やったらアウトボクシングやろな!
てか、こんな世界がありやったら俺ゴキ〇リとハ〇に教えたいわ!

あいつらディフェンスの天才やぞ(゚Д゚)ノ

ディフェンスえぐそうですねゴキ〇リとハ〇…

小林豪己選手
小林豪己選手

絶対によけろ! 腕短いから絶対パンチもろたらころぶ

相手やったら遠くで戦うわ、こいつ腕伸びたらやばいな(゚Д゚;)

的確な指導案ありがとうございました。真正ジムのトレーナーさんはどんな選手にも真剣にアドバイスをしてくださいます(`・ω・´)

鳩にもやさしい素敵なボクシングジムは兵庫県神戸市にあります。
真正ジムです。

真正ボクシングジム | 東灘 芦屋 西宮 神戸 フィットネス
長谷川穂積など多数のチャンピオンを輩出している西日本名門ボクシングジム。大型自主興行からフィットネスレッスンまで神戸東灘を拠点にボクシングシーンの発展に寄与します。

鳩よりも強いメンタルを手に入れなければ、最近そう思います。

これからもボクシングとブログともに頑張っていつか鳩を越えます(∩´∀`)∩

本当は他の選手やトレーナーさんにもインタビューしたのですが、重くなっちゃうため辞めておきます。

今日も読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました