虫嫌いが6月にクワガタ拾いました 

雑記・ボクシング

※再投稿記事です。

だすか迷いましたが、投稿することに決めました。

少しだけ修正しております。

温かい目でお願いします。

以下見苦しいコラムが続きますm(__)m

あれは6月20日あたりだっただろうか?

以下見苦しい私のコラムが続きますm(__)m

夜階段で,もぞもぞっとなにかが少し動く・・・私は警戒し腰をかがめ目を凝らす、頭にGという一文字が浮かんだ。

恐る恐る近づき真っ黒の階段をスマホで照らす、ホコリにまみれて何かよくわからない。顔も近づけ、そこで私はクワガタということに気付いた。

クワガタのメスだった、しかし飛べるほど元気には見えない、ホコリにまみれて☆んでいくのが運命だろう。 私も人間だ、育てるか育てないのか心に問いかけ、寸秒立った。

育てるといっても、中学一年以来育てておらず何より自分は虫が大の苦手なのである。ふと脳裏に「クワガタってゴキブリに角はえただけじゃね?」とよぎった。

※クワガタ好きの皆さんすいません。クワガタは素晴らしく魅力的な生き物です。

だがっ!だがしかし可哀想という思いもあった。

心の中で葛藤する・・・

一刻程時が過ぎた、気づけば私はペットボトルを切り簡易の箱を作っていた。そこに土を入れバナナを与えた。

クワガタにマイホームとバナナを恵んでいたのである。しかしこのままではトタンの家に住み、バナナを食べているのと何ら変わりない。

そうだ極上のマイホームを提供しようじゃないか!!

翌日クワガタセットを調達しクワガタの家を私は建築した。そしてバナナ、ゼリー(黒糖)(ヨーグルト)(果物各種)を彼女に present for you した。

彼女はありがとうも言わず、ふかふかのベットにもぐりこんだ。あれから彼女は3日ほどもぐったままだ。

心配になり、掘り返そうかと悩んだが。ネットで検索したところ普通によくあることらしい。最近はクワガタがかわいく思えてくるようになった。クワガタ・カブトムシ最高!!

今思うこと…

いま僕はブログに出会い様々なお菓子のお店の方やパティシエさんを取り上げさせていただいたりして色んな人との出会いができ、自分に笑顔が増え本当に幸せです。

どん底の時に手を差し伸べてくださった方々のおかげでここまで来ることができました(∩´∀`)∩

僕は以前無理をしてパティシエをしておりました。その時の自分は今とは違い、目つきもギラギラして多分、弱ったクワガタを見つけても、無視してたと思います。

ギラギラ

好きだったはずのケーキが嫌いにいつの間にかなっていました。

ブログと出会い人生が少しづつ明るくなってきました(∩´∀`)∩そしてまたお菓子が大好きになりました(●´ω`●)

自分に少しづつ余裕ができ、虫が苦手なはずなのにクワガタをまさか自分が拾って育てるとは思いませんでした( ゚Д゚)

お菓子を作るではなくこういった情報を発信して記事にするのもアリだなと思い記事を書いています。

※パティシエの仕事を批判しているわけではございません、今でも憧れているお仕事です。

沢山の方々のおかげでここまで来れました。感謝しています。

クワガタ6月にとれるのは異常?

 題名のクワガタ6月にとれるのは意外と普通のことらしいです。あせらなくていいとのことです。

これから、たまーにクワガタのメスの近況を報告させていただきます。今日も記事を拝読してくださりありがとうございました。

クワガタレポート

定期的に追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました